シミの原因、光老化とは?

光老化の仕組みについて

女性ならきれいで若々しい肌をずっと保っていたいというのは誰もが思う事です。肌は年齢とともに衰えていくと考え がちですが、年齢と共に衰えていく事を自然老化と呼びます。それに対して、紫外線も老化の進行を早めるという事が 分かっており、これを光老化と呼びます。

実は老化はこのように2種類あり、光老化による老化の進行が約8割を占めて おり、自然老化の影響は2割しかないとも言われています。そのため、紫外線対策はとても大きなポイントです。

人の肌は厚みがありますが、均一な一つの層でできているのではなく、3つの層に分かれています。外側から表皮、真皮 、基底層という形で分かれており、紫外線はこの層それぞれにダメージを与えています。

より奥深くにダメージを与え られる方がその影響は大きくなるため、できれば防いでいきたいところです。紫外線にも種類があり、こちらも3種類あり ます。UV-A、UV-B、UV-Cという3種類に分かれていますが、主に重要になるのはUV-AとUV-Bとなります。

UV-AとUV-Bは同じ紫外線ですが、肌に与えるダメージの性質は大きく異なります。UV-Aは皮膚の層の奥の真皮の層まで 届いてしまうため、その影響が大きく、ひりひりとした炎症を起こして痛みを感じる事があります。UV-Bは肌の表面の 表皮の部分で止まりますが、照射される量は大きいため注意が必要です。

どちらにしても両方をしっかりとカットして いく必要があります。特に夏場にかけての時期は紫外線が多くなりやすいため注意が必要です。

こうして受けたダメージが表面化しやすいのが、人の体の機能に徐々に衰えが見られ始める30代中盤前後です。目には 見えなくても紫外線のダメージは蓄積されているので、なるべくそのダメージを軽減する必要があるのです。

また、紫外 線が当たった肌は活性酸素と呼ばれる物質も作り出します。活性酸素は多くの病気の元にもなっている物質で、体に大き く悪影響を与える物質です。こうした事も老化を早める原因となっています。